塩竈神社初穂曳(はつほびき)

本日11月23日の勤労感謝の日、塩竈神社恒例の初穂曳(はつほびき)が行われました。

初穂曳は、神社の御神田でこの秋収穫された初穂(稲穂)を塩竈の地場産品とともに奉曳車に載せ、塩竈

神社表参道から神社までの1.5キロの道のりを曳いて、御神前にお供えする行事です。

%e5%88%9d%e7%a9%82%e6%9b%b3

↑稲穂と地場産品が載った重そうな曳車

%e5%88%9d%e7%a9%82%e6%9b%b31

↑大勢の引手達

強風が吹く寒い中、大勢の引手達の掛け声で出発。はじめに子供たちの車が、続いて大人達による奉曳車

が元気良くひかれました。

%e5%88%9d%e7%a9%82%e6%9b%b33

↑こちら側は酒樽が見えます

« »

アーカイブ